ホームヘルパーのやりがいは社会貢献

ホームヘルパーとして働いていますけど、一番のやりがいというのが社会貢献になってきます。体の不自由な人やお年寄りで一人で生活できないような人を日々介護していく事になってきますので、人助けをしているという感覚が非常に強いです。
介護を必要としている人のお手伝いをするというのは、十分社会に貢献していると思いますし、私も人のために生きれているという事になってきます。
ですので、私自身の価値を高める事になってきますし、それがやる気になって、しっかりとホームヘルパーとしての仕事を全うできていると思います。
また、人にも自分の仕事についてりっぱに発言できるというのもあります。人助けをして社会貢献していますので、自分の仕事に誇りをもって友達などに話ができるというのは自分にとって自信にもなってきますし、友達からも高く評価をもらえる可能性があります。
これからも、介護の仕事というのは重要性を増してきますので、さらに社会貢献しているという感じになって、やりがいをもって仕事ができます。
また、実際に介護をしてきた人からもお礼を言われる事が多いです。介護をした本人だけでなくて、その親族からも感謝の気持ちを言われますので、その点に関してもやりがいだと思いますし、多くの人に役に立っている実感がわく瞬間でもあります。
これからも、ホームヘルパーとして社会貢献をして、立派な仕事だと自覚をもって行っていきたいですし、頑張っていきます。